東京都 練馬区 針灸院 鍼灸院 温灸 お灸 腎臓病 慢性腎炎 ネフローゼ症候群 過敏性大腸炎 潰瘍性大腸炎 胃潰瘍 胃炎 パーキンソン病 逆流性食道炎 免疫 肋間神経痛 はりきゅう はり灸

越石鍼

TEL 03-3948-8852

西武池袋線「桜台」駅前
 当院の鍼(はり)と灸
 全身調整治療です 

全身治療のため1回の治療時間は50分〜60分です。

熱くなく痕にならない、気持ちのよいお灸中心の治療です。
鍼(はり)とお灸の技術に自信があるため、鍼灸以外の他手技は一切使いません。


整骨院などでお灸をすえるところもありますが、鍼灸専門院の鍼灸技術は格段に上です。
肩は肩の治療、腰は腰だけの治療では、治らない痛みや症状がたくさんあります。
痛みやこり、疾患の原因である身体の自然治癒力を改善していくような全身調整治療を行なっております。

さらに、鍼灸治療には大きく分けて、
脈を見てその体質に関連する経穴に施術する経絡治療と呼ばれるものと、
西洋医学のように痛みのある部位に関連する神経や筋肉に施術する現代医学的な治療があり、どちらにも優れた面があります。

当院では、どちらか一方といった治療をせず、患者さんの体質や疾患にあわせ、経絡的な治療と現代医学的な治療を組み合わせ、患者さんにとって最も適した最善な治療を心がけています。
また、当院のお灸はオリジナルのお灸であり、そのお灸だからこそできる治療があり、そのお灸だから治る疾患も多くみられます。


 当院の治療は、超灸療法 
超灸とは、
熱くない、痕にならない、他に類のない卓越した技術の灸
気持ちの良い温度で、限りなく症状を軽減あるいは元から直します。
紫雲膏という漢方薬の軟膏を土台とし、熱さを調整しています。

※当院オリジナルの灸であるため、他鍼灸院では行っておりません。
以前来院した同業見学者の中に類似した灸を他院で施術している人が数名いますが、似て非なるものですので、ご注意ください。

知熱灸
紫雲膏という軟膏を経絡や神経等に沿ってつけ、糸状の灸を置き、火をつけていきます。
(熱くありません!)

施灸後拭き取ると、このとおり痕になっていません。
これで十分、皮膚上の神経や血液・経絡に作用し、その効果は体内に浸透していきます。



お灸の最高温度は
40度〜42度で、
お風呂に入っているような心地よさです。
温灸
紫雲膏という軟膏を土台とし、病気を治す最適な温度に熱さを調整しているため、熱くなく痕になりません。
 当院のハリ
当院の鍼(はり)は、日本式の鍼の中でも極めて細い鍼を使用し、痛くありません。
(詳しくはディスポーザブルのセイリン鍼 1番・0番使用です。)

刺入も普通2mm程度、深くても5mm程度の刺入であり、痛みはほとんどありません。
(他鍼灸院のように深く施入しません。でも十分効果が望めます)

 なぜお灸が中心なのでしょう?
鍼灸の主な作用は「はり灸とは?」のページのとおりですが、鍼とお灸の効果には若干の違いが見られます。

お灸は、温熱効果で鍼(ハリ)より積極的に身体を温め、積極的に免疫力に作用しますので、風邪症候群や免疫病に効果があります。
また、循環異常で起こっている疾患にも適し、血液成分にも直接作用している面があるので、血圧や血糖値の上昇を正常化したり、アレルギーにも効果が見られます。また内臓器疾患にも高い効果を発揮しますし、マッサージや通常のハリでは効果の得られなかった頑固な肩こりや腰痛にも効果があります。

当院のお灸は微小な刺激のため、通常では施術の難しいギックリ腰のような急性的な強い炎症や不定愁訴・自立神経失調症にも、積極的に効果を発揮しています。
また、当院の灸で、抗癌剤の副作用での白血球数減少の抑制、子供の骨髄異形成症候群、腎臓病、といった症例があります。
他鍼灸院で効果の得られなかった症状でも、一度当院の専門的な灸治療をお試しください。

 

  着替えを御用意しております。