鍼灸(はりきゅう)とは?

「鍼」や「灸」で身体の表面に刺激を与えて、病気を治す東洋医学の治療法をいいます。

様々な病気や痛みの原因とは…

人間の体はたくさんの細胞から成り立ち、細胞に必要な酸素や栄養は全て血液で運ばれてます。
老廃物や病原菌は血液中の白血球で消去されています。血液循環が阻害され、血液が細胞の隅々に行き届かなければ、様々な病気や痛みの原因になります。

鍼(はり)や灸(きゅう)をすると…?

  • その場所の血液やリンパ液の循環が改善し、血行が促進されます。
  • 赤血球や白血球、血小板が活発化します。
  • 刺激により鎮痛物質が発生し痛みが和ぎ、消炎効果(コリや腫れの改善)が即時現れます。
  • 全身的に循環が改善され、血液細胞が増加し活性化するため、免疫力が回復します。
  • 内臓諸器官の機能が改善されます。
  • ホルモンに作用し、ホルモンバランスが整います。
  • 神経伝達物質が放出され正常化するので、一部の病気が治癒に向かいます。
  • 自律神経に働き、その働きを適正に調整していきます。
  • 人体にもともと備わった自然治癒力を呼び起こします。
  • 薬のように一方向性に作用するものではありませんので副作用もなく、その人体にとって最適な状態に調整していくことができます。

鍼灸師(しんきゅうし)とは?

  • 厚生労働省指定の鍼灸専門学校で3年間勉強し、その後、国家試験に合格して初めて資格をもらえる国家資格(はり師・きゅう師)です。
  • 鍼灸学校では、東洋医学のみならず、生理学や解剖学といった西洋医学の学習が必須であり、その他、鍼灸の危険性や衛生観念など医学的常識も学習しています。
  • 当院のスタッフは、全員、鍼灸師の国家資格を所持しています。
  • また、当院では、鍼灸師全体の資質向上のために、有資格後の新米鍼灸師に研修制度を導入しています。

各種セミナー

詳細準備中です。

お問い合わせ

体のことや治療のことなど何でもお答えします。
まずはお気軽にご相談ください。

TEL:03-3948-8852

ページの先頭へ